EV TUKTUKってどんな乗り物?

2023.01.23

車両情報

こんばんは。

ビークルファンショールームイオンモール常滑店です。

今回は、EV-TUKTUKについていろいろとお伝えしたいと思います。

まずEV-TUKTUKとは、側車付軽二輪という乗り物になります。

側車付軽二輪とは何だろう?? こちらからご説明しますね。

側車付軽二輪とはサイドカーと同じ登録区分になり、条件がいくつかありますのでご紹介します。

1 3輪であること(バイクのように傾かない構造)

2 運転席がまたがり式 (バイクシート)

3 ハンドルがバイクハンドルであること

4 運転席の側方が解放されていること

5 排気量125cc以上250cc以内、または0.6kw以内であること

6 車長2.5m以下、幅1.3m以下、高さ2m以下であること

この6個が側車付軽二輪の条件となります。

この下の写真が実際のEV-TUKTUKになります。

EV-TUKTUK カラースカイブルー

ここまで知ってしまうと、交通ルールはどうなるの?ってなりませんか?

もちろんそこは、ご乗車して頂くのに1番大事になってくるとこなのでご説明します。

そもそも側車付軽二輪交通ルールなんてあるのか? もちろんあります!!

交通ルール自動車と同じ交通ルールになります。とは言ってもピン!とこないかと思われますのでご説明します。

125cc以上から250cc以内は登録区分が自動車と同等になります。なので、登録の際も陸運局での登録になります。

※補足※

高速道路は走行可能ですが、法定最低速度50km/h以上で走行可能な車両に限ります。

 

次にご紹介するのがEV-TUKTUKのスペックについてになります。

スペック

車長 2010mm 車幅 995mm 車高 1600mm 車体重量 195kg

原動機 三相1000Wモーター

バッテリー リチウムイオンバッテリー60V/45Ah

ちなみに、リチウムイオンバッテリーの中身も少しだけ載せちゃいます。

1. 価格が高い

2. 劣化しにくい

3. 耐用年数 約3年~5年

4. メンテナンス不要

5. 本体が軽い

6. 充電時間が短い

という内容を持った物がリチウムイオンバッテリーなんですよ!

ブレーキシステムは、前後ハンドルワイヤーディスクブレーキ、ボディは硬化プラスチック、フレームはスティール合成。

サスペンションは、前後スプリングサスペンション。

自動車税は、3600円です! めちゃくちゃ安い!!(笑)

以上スペックについてのご案内になります。

 

いかがでしたか?? EV-TUKTUKの中身をざっくりとお伝えいたしましたが!?

この他にも疑問点や気になることなどありましたら、ホームページからのメッセージやメール、直接店舗に

お越し頂いてのお問合せなど、いつでもお待ちしております。

 

ビークファンショールーム イオンモール常滑店

〒479-0882
愛知県常滑市りんくう町2-20-3
イオンモール常滑 1階

Tel: 0569-84-9177

お問い合わせフォーム